本質的にちくらぎ

文芸サークル「本質的にちくらぎ」のページです!

【アンケートのお願い】日常概念流行語大賞(L)

「あくまであなたのなかで、ことし流行った日常語はなんですか?」

 

 どうも、編集のらららぎです。

 

 この時期になると自由国民社から「流行語大賞」が発表されますね。今年は「トリプルスリー」や「爆買い」が受賞し、私の周りでは不評もいいところでした。いちおう「新語・流行語」というくくりなのですが、どうしても「時代を反映したい」という狙いがありまして、政治的な意味合いをもつフレーズ、テレビ関連が豊富に取り扱われます。

 

 審査員たちは「公正にやってる」とおっしゃりますが、そもそも「時代を反映する」という創作性を損なうだけの価値観への合意がなされている時点で、企画の自由度がカチカチになり、おもんなさが出ちゃうわけです。つまり、選ばれた言葉のほとんどは「時代を託すに心もとない」わけですよね。

 

 でですね、じぶんたちがじぶんたちのために流行語をノミネートしたいと思います。それは「五郎丸」や「SEALs」のような固有名詞ではなく、日常語の祭典です。

 

 たとえば私のなかで「ガール」という言葉が流行りました。もちろん「森ガール」などの流れを汲んでいる部分もありますが、そこから外れて単に「ガール」と言うことによって、だれでもない女の子のことについて言及できる(気がする)のですね。いや、それはもはや女の子ではなくともよいわけです。これ以上は深入りしませんが、性別指定していることばなのに、性別や個人を乗り越える軽妙なことばの虜になりました。

 

 そして、じぶんのなかの流行は廃れますよね。あのときなぜあの概念にはまっていたのか、その答えは十人十色まちがいなし。しかし思い出せないのです。そういった貴重な気持ちをとどめて保存して積み重ねてゆくために、今年から日常流行語大賞をやろうと思います。

 

↑こちらです

 

 発表や掲載はブログにて行いますが、なにかのコメントアレンジ(?)を加えて同人誌に載せるかもしれません。ぜひツイッターなどのご連絡先もお載せくださいませ。

 

 今年はまった日常語に関するエピソード(?)、その流行性(?)、きっかけ、自己分析などをお待ちしております!

 

疑問点▶︎@lalalagi_chatte / @amimedi_A